看板猫、福°

コンニチハ、アイカワ次女です。

今日もお客さんに「このお店、猫ちゃんがいたよね?」と
尋ねられました。
そうです!福°(プク)という♂猫がいるのですが、フェイシャルのお手入れなどもするようになったので
今は2階の住まいの方にいて店に出てくることはなくなりました。

それまでの看板猫だった頃の証拠写真がでてきたので
彼(福°)が当時、どれだけ店のために尽力していたのかを心に刻んでおくべく(大袈裟(^^;))
ご紹介します。

店のど真ん中を陣取り、外の通りを見ながら
来店されるお客様を待ってます
首をかしげることによってお客様をイチコロにすることを彼は知りました
これを「田中みな実の技」と呼びます
彼は息を殺しちゃんとお客様の動向をうかがってます
これを「市原悦子の技」と呼びます
市原悦子の技から「ハシビロコウの技」まで身に着け、
それが後にプクビロコウとも呼ばれるようになった所以です
アイカワ母は時々、とんでもない抱っこの仕方をします(笑)
これじゃ、せっかくの美脚も台無しですね(笑)
福°はこんな小さな足ですがたくさんの福を運んできてくれてます

今は、梅子という妹分と共に、相変わらずマイペースで過ごしております。

以上、福°の看板猫歴史でした。

投稿者プロフィール

みほ
みほ
雲仙市小浜町という湯けむりのたつ温泉街から毎日、橘湾を眺めながら通ってきてます。お客さまに楽しんで頂きたいの一心で、たまに度が過ぎてふざけてしまいがちですが、どうぞよろしくお願い致します。

看板猫、福°”へ1件のコメント

  1. すぬぬ より:

    もちろん、

    穏やかそうなプク様も可愛いぞ✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です