感動

こんにちは、アイカワ母でございます。

先日よりパラリンピックが始まりました。
皆すごいな~と思ってテレビ観戦している中でも
とても感動させられたのが卓球男子のエジプトの選手でした。
両腕の肘から先がないその選手は口でラケットをくわえ、球を足であげ
巧みにサーブしているではありませんか!

ラケットを口でくわえたまま、ラリーしているのです。
しかも力強い球を何度も打ち返していました。

何か、心がじわーっと熱くなりました。
感銘を受け心が突き動かされました。
ひたすら感動して涙がとまりませんでした。

いくら歳をとっているからと言って、キツいとか、あそこが痛いだのと
すぐ諦め癖のある自分が情けなくなりました。
「出来ない」とは自分が勝手に決めつけてしまってることなんだと思いしらされました。

もちろん、コロナ禍での開催に関してたくさんの問題があげられてるのはわかりますが
私の歳でいつまた見れるかわからないこのオリンピック、パラリンピックから
テレビの画面からではありますが、たくさんの有難うをいただいております。

感謝。



投稿者プロフィール

アイカワ母
アイカワ母
ぼーっとしていて娘達には“天然”と呼ばれています。
でもお店に出てお客様とお話するのが何よりの生き甲斐です。
どうぞお喋りにでもお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です